認定された方へ

日本エコレザー基準認定ラベル使用の手引き

日本エコレザー基準認定を受けただけでは、認定ラベルを使用することはできません。
(一社)日本皮革産業連合会との間で、日本エコレザー基準認定ラベル使用契約を結ぶことで「日本エコレザー認定ラベル」を表示することができるようになります。
ただし、(一社)日本皮革産業連合会が認定ラベルを発行するのではなく、認定業者自身が、契約などに基づいて印刷し、表示することになります。 日本エコレザー基準認定事業者と認定ラベル使用者が異なる場合は、認定ラベル使用者が認定ラベルの使用申請する必要がありますのでご注意ください。

詳しくは、認定ラベル表示に関する補足資料でご確認ください。

日本エコレザー基準認定ラベルは、表側に図案、裏側または添付ラベルに認定番号、認定月日、素材製造国、ラベル趣旨、詳細が掲示されているウェブサイト、認定機関の記載が必要です。

また、その詳細は(一社)日本皮革産業連合会のウェブサイトにも開示され、
認定製品の情報を広くマーケットに伝えて行きます。

ウェブサイト開示の例
Webサイト公開イメージ

詳細は「日本エコレザー基準認定ラベル使用の手引き」をご確認ください。

日本エコレザー基準認定ラベル使用規程

ラベルの使用に際しては、「日本エコレザー基準認定ラベル使用規程」に従っていただきます。また、日本エコレザー基準認定ラベルを使用する革および革製品の広告などに当たっては、不当景品類及び不当表示防止法その他の関連法令を遵守すると共に、消費者に環境保全上好ましくない誤解を与えるような表示または表現は避けてください。
日本エコレザー基準認定ラベル事務局は日本エコレザー基準認定事業の適正な実施を図るため、日本エコレザー基準認定ラベル使用者に対しラベルの使用状況などについて報告を求め、または必要な調査を行うことがあります。

その他、日本エコレザー基準認定革取り消し、無断使用に関する規程など細かな点については
「日本エコレザー基準認定ラベル使用規程」をご確認ください。

このページのトップへ