申請される方へ

日本エコレザー基準認定を申請できる方

日本エコレザー基準認定に申請できる方は、革製造業者、革販売業者、革製品製造業者および革製品販売業者の方々に限定されています。
ただし、革製造業者以外の方は、革の製造業者を明らかにする必要があり、その業者による、「発がん性染料不使用」および「革製造排水および廃棄物の適正処理の遵守」などの証明書類と宣言書が必要になります。
いずれの場合も、申請は無料で、認定料金も無料です。

申請に関する書類は「日本エコレザー基準認定申請書関係」書類をご利用ください。

「日本エコレザー基準認定ラベル」を製品に表示する

日本エコレザー基準(JES)に認定された革およびその革を使用した革製品()には、日本エコレザー基準認定ラベルを表示することができるようになります。
ただし、認定ラベル使用に関しては、別途、「認定ラベル使用契約」が必要になりますので注意が必要です。
※革製品:原則として表面積の60%以上にエコレザーを使用しているもの。

認定の有効期限は1年ですが、更新する場合は、毎年更新手続きが必要になります。
更新期間は最長で3年です。さらに延長する場合は新規に分析結果を提出し審査が必要になります。

ただし、平成23年度(2011年4月1日)以降は、更新不要・5年間有効となります。
これ以前(2011年3月31日以前)に契約を締結したものについては、遡ってこれを適用いたします。
(特別の手続きは不要です)

【例】
 2009年9月30日契約
 2010年9月30日更新
 2011年4月1日を以て新制度移行=契約日から5年間有効(2014年9月30日まで有効に)

エコレザー認定ラベル
ラベル

申請から認定、ラベル表示までの流れは次の通りです。
手順の詳細な説明についてはこちらのQ&Aをご覧ください。

申請の流れ

奨励金制度

日本エコレザー基準に申請するためには、第三者による革の分析が必要になります。しかし、その費用は1件につき12万円程度になりますので、(社)日本皮革産業連合会では分析費用に対する助成金制度を設けています。 日本エコレザー基準(JES)に認定された革の分析費用を負担した業者に対して、認定奨励金として1件の認定につき分析費用の2/3まで8万円を限度に助成しています。ただし、この申請は日本製の革に限られています。

詳しくは「環境対応革認定奨励事業実施規程」でご確認ください。

このページのトップへ